村長【私はVILLAGEを立ち上げた際、このように思っていました。】

村長

私はVILLAGEを立ち上げた際、

このように思っていました。 「日々の仕事の中で挑みたい、

勝負したい、試してみたい」を実現する場所。 「俺こんな事できるんだぜ」 「こんなもん持ってんだぜ」 って知ってもらう場所。 この思いは今でも変わっていません。

私は「町おこし」とか「地域復興」とか そんな大それた事をやってるわけではなくて、

仲間と一緒に一生懸命、

自分達のいま出来る最大の位置で勝負したいと思っています。

そうする事で、次の世代の子達が「かっこいい」とか

「アレじゃダメだ」とか考えてくれれば、次に繋がると考えています。

何より「この一日を、思いっきり楽しむ」 ってイベントを始めましたから。

VILLAGEのロゴマークを逆さにすると 「9」 「QUESTIONのQ」 「本当にこのままでいいの?」 「旭」という意味が隠れています。

9=Q=旭と駄洒落みたいですが、

「もしも9回まで出来たらやりたい事がある」

って考えてました。

今回はep.00として開催するんですが、

何か新しくなるんじゃなくて、

変わらずに変わっていこうとするそんなプレ的な回になります。

1年の間じっと考えてましたけど、

僕らがやらないと誰もやらないんですよね。 いや、違うな、 やれないんだと思うんです。 参加したみんなが楽しみたくて、

VILLAGEってイベントがそれぞれの大切な何かを生み出してる。 僕自身の人生をも変えてしまった

この“ムラ構想”をもう一度やろうと思います。

何度も言うように、 特別に何か変わるわけではありません。 ただ、今まで同様、

一生懸命間違いのないことをやっていくだけです。

この街を楽しむためにまた、 一緒に遊びましょう。

VLLAGEインスタグラム

タグ:

記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square